All posts tagged: 橋村大作

PreviousNext

exhibition;橋村大作 展

■ open days/hours 2017年12月16日・土 – 25・月 / 11.am – 7.pm ■ about ”自分が惹かれてやまないガラスの面白さ、そして美しさを、 ただそこに、そんな心揺さぶる何かを宿したガラスを。” 晩秋から初冬に差し掛かる、冷たく、澄んだ空気が 漂い始めるころ。 […]

PreviousNext

とりのオブジェ / 橋村大作

name;とりのオブジェ ¥4,860 (約)W.3.5xD.3.2xH.5.5 cm made/designed by;橋村大作(神奈川県) material;ガラス 幼少期をメキシコ、ペルー、スペイン、イギリスで過ごした作家にとって、ガラスとは 近くて遠い存在であった 『 あこがれている日本 』 […]

PreviousNext

掛け花 銅箔 / 橋村大作

name;掛け花 銅箔 ¥9,720 round;(約)W.11.3xH.11 T.2.5 cm made/designed by;橋村大作(神奈川県) material;ガラス, 銅箔 ※壁面に釘などを斜めに打ち込み、背面に開いた穴に引っ掛けてお使いください。 その際、表面を金属で傷つけないようお […]

PreviousNext

exhibition;橋村大作 展

■ 会期 2015年12月 12日・土 – 20・日 / 11.am – 7.pm ■ about 遠い記憶を呼び起こす 忘れたくないことを閉じ込める 見たこともない未来を想像できる ガラス、であればいいと思う 時に金属を纏わせ、時に泡を宿らせ、様々な技法でガラスに 命を吹き込む作家の手による作品が […]

PreviousNext

Haku 猪口 / 橋村大作

name;Haku 猪口 S;¥4,320 M;¥5,400 L;¥6,480 made/designed by;橋村大作(神奈川県) material;ガラス, 銀箔 幼少期をメキシコ、ペルー、スペイン、イギリスで過ごした作家にとって、ガラスとは 近くて遠い存在であった 『 あこがれている日本 』 […]

PreviousNext

掛け花 / 橋村大作

name;掛け花 ¥8,640 ~ round;(約)W.10xH.11 T.2.5 cm rectangle;(約)Φ.4xH.8.5 cm made/designed by;橋村大作(神奈川県) material;ガラス, 銅(一部作品) ※壁面に釘などを斜めに打ち込み、背面に開いた穴に引っ掛け […]

PreviousNext

一輪挿し / 橋村大作

name;一輪挿し ¥6,480 /(約)Φ.7.5xH.8.8 cm made/designed by;橋村大作(神奈川県) material;ガラス 幼少期をメキシコ、ペルー、スペイン、イギリスで過ごした作家にとって、ガラスとは 近くて遠い存在であった 『 あこがれている日本 』 を感じさせる時 […]

PreviousNext

香立て HAKU / 橋村大作

name;香立て HAKU ¥5,400 /(約)W.10xD.8xH.4 cm made/designed by;橋村大作(神奈川県) material;ガラス, 銀箔 ※真鍮製お香立て付, お香は別途ご用意ください 幼少期をメキシコ、ペルー、スペイン、イギリスで過ごした作家にとって、ガラスとは […]

PreviousNext

paperweight / 橋村大作

name;paperweight made/designed by;橋村大作(神奈川県) S;¥1,620 /(約)H.1.7xΦ.5 L;¥2.160 /(約)H.2.5xΦ.6 cm ※サイズ・仕様(内側の仕上など)はひとつひとつ異なります material;ガラス 幼少期をメキシコ、ペルー、ス […]

PreviousNext

宇宙の化石 / 橋村大作

name;「宇宙の化石」 made/designed by;橋村大作(神奈川県) ¥4,320 / ¥5,400 description; (約)W.8.5xD.7xH.3.5cm / 340g material;ガラス、銀箔/銅箔 幼少期をメキシコ、ペルー、スペイン、イギリスで過ごした作家にとって […]

PreviousNext

香立て / 橋村大作

name;香立て made/designed by;橋村大作(神奈川県) ¥6,480 description; (約)φ.8xH.3.5cm ~ material;ガラス, 銀箔 ※真鍮製お香立て付, お香は別途ご用意ください 幼少期をメキシコ、ペルー、スペイン、イギリスで過ごした作家にとって、ガ […]