All posts in: items

PreviousNext

鉄の輪 / tipura studio

name;鉄の輪 designed/made by;tipura studio(京都府) S;¥8,800/(約)Φ.60xH.1.2 L;¥11,000 /(約)Φ.90xH.1.2 cm description; material;鉄 ※無塗装のため徐々に錆がでてきます description; […]

PreviousNext

明星 鋳肌 / FUTAGAMI

name;ペンダントランプ 鋳肌 明星 designed by;大治将典 made by;FUTAGAMI(富山県) 小;¥24,200(約)Φ.15.6xH.12 大;¥25,410/(約)Φ.19.8xH.10.7 cm(画像分) description; 真鍮(無垢/砂型鋳込み) 小;シェード […]

PreviousNext

Solid Stool / NO WAVE

made/designed by;NO WAVE(兵庫県) size;W.47xD.28xH.41 sh.40 cm material;ウォルナット, ナラ, チェリー finish;オイル description; 樹種をお決めいただいた上での受注制作 (納期=通常1ヶ月/都度確認) 主に無垢の広 […]

PreviousNext

酒盃 / 艸田正樹

name;酒盃 高盃『 酸素の国 』;(約)Φ.9xH.10 made/designed by;艸田正樹(石川県) material;ガラス 針で突いた穴から空気を吹き込みガラスを膨らませる技法(ピン・ブロウ)を用い、 重力と竿を回す遠心力のみでガラスを成形していきます。色や道具、気泡などで 装飾を […]

PreviousNext

花器 / 竹内紘三

name;花器 小;(約)W.11xD.7.5.xH.7.5 中;(約)W.14.5xD.7.5.xH.7.5 長箱;(約)W.6.5xD.6.5.xH.19.5 大;(約)W.22.5xD.14xH.8.4 cm made/designed by;竹内紘三(兵庫県) material;陶器 des […]

PreviousNext

掛け花 / 竹内紘三

name;掛け花 板;(約)W.14xD.3.xH.13.8 棒;(約)W.3xD.3.5.xH.47 太;(約)W.5.5xD.10.xH.48 cm made/designed by;竹内紘三(兵庫県) material;陶器 description; 撥水処理をしているので、内側に水を張ってお […]

PreviousNext

型染めカレンダー印刷普及版 2017 / 芹沢銈介

name;型染めカレンダー 印刷普及版 2017 designed by;芹沢銈介 W.13.5xH.10 cm detail; 12枚セット、スタンド用プラスチックケース付き 20世紀日本を代表する工芸家のひとり、そして民芸運動の主要な参加者として 内外から高く評価される染織工芸家、芹沢銈介( 人 […]

PreviousNext

月山段通のマット / エフスタイル

■ how to order / 別注サイズの製作について designed;エフスタイル / 五十嵐恵美 星野若菜 made by;穂積繊維工業( 山形県 / 月山緞通 ) 納期;1〜2ヶ月  ※時期によって変わります Door Mat や Rug Mat といった定番サイズに加え、用途や空間の広 […]

PreviousNext

Haku 猪口 / 橋村大作

name;Haku 猪口 made/designed by;橋村大作(神奈川県) material;ガラス, 銀箔 幼少期をメキシコ、ペルー、スペイン、イギリスで過ごした作家にとって、ガラスとは 近くて遠い存在であった 『 あこがれている日本 』 を感じさせる時間や空気を吹き込み、 そしてとじ込めた […]

PreviousNext

dan botlle / fresco

name;dan bottle white S;(約)Φ.6.5xH.19 L;(約)Φ.6xH.25 cm made/designed by;fresco(大阪府) material;吹きガラス 『大理石や翡翠のような石が透過する僅かな光を、ガラスの中に再現したい』 そんな想いから始まった、中国語 […]

PreviousNext

鉄器 文鎮 牛 / 馬場忠寛

name;鉄器 文鎮 牛 designed by;馬場 忠寛 made in;日本(岩手県) W.10xD.3xH.6 wide;W.10xD.2xH.4 cm description ; 鋳鉄、紙箱入り 馬場忠寛氏は長年、職人そしてデザイナーとして「鉄」という素材に向き合いながら、 移り変わる時代 […]